デニムシャツ おすすめ

デニムシャツのおすすめな選び方

デニムシャツを日頃から愛用されている方は多いようですが、いざ、デニムシャツを購入するとなったとき、
デニムならどれでも良いというのではなく、やはり自分にあったものを選びたいところです。
デニムシャツの選び方において、最も重要視しなければならないのがサイズです。
デニムシャツを選ぶ際には色から入る方も多いようですが、
自分自身のシルエットがきれいに映るようなジャストのもの
を選ぶのがおすすめです。

 

デニムシャツを着こなすに当たっては、もちろん色合いも重要なのですが、
どのようなシルエットに映るかというのが大きなポイントです。

 

また、メンズファッションにおいて重要なのは清潔感です。
おすすめは清潔感を感じさせるような色合いを重視することで、
よりファッションにも幅が広がり、カッコよさを演出することが出来ます。

 

 デニムシャツのコーディネートを楽天で人気のショップから探してみる

黒デニムシャツのおすすめな着こなし方

デニムといえばボトムスのイメージがあるかもしれませんが、
よりラフでカジュアルなイメージを与えることが出来るデニムシャツも人気を集めています。

 

その中でも、黒デニムシャツは、数あるデニムシャツの中でも、
とりわけ特徴的で個性あふれる仕様となっています。
人目を引きたい、そしてそれでいて落ち着きのある味わいを演出したい場合、
やはり黒デニムシャツを上手く着こなしてみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの着こなしは例えば、インナーに7分袖のカットソーを着て
、その上に黒デニムシャツをあしらいます。
ボトムスはカットパンツをあしらってきましょう。

 

トップスはカジュアルな雰囲気ではありますが、カットパンツと一緒に
コーディネートすることで、大人の落ち着きも演出してくれます。

 

このように、白のカットソーとの相性が非常に良く、よりカジュアルさを
出したいならカーゴパンツとの組み合わせも良いでしょう。

 

様々な味を出すことが出来、コーディネートを楽しめるのが、黒デニムシャツのメリットです。

デニムシャツを前開けする時のおすすめな着こなし方

カジュアルでラフな印象のあるデニムシャツ。
ちょっとしたお出かけはもちろんのこと、今日はカッコよく決めたい
といった場面でも、すごく使えるメンズファッションアイテムです。

 

デニムシャツはラフでカジュアルだからこそ、
前開きにして着こなせば、よりカジュアルさを高めることが出来ます。
親しみやすい雰囲気を作る意味では、前開きにして着こなせば、
より社交的でアクティブな印象を作れます。

 

おすすめな着こなし方として例えば、インナーにトリプルフェイクドレープの
カットソーを着て、その上にデニムシャツを前開きにして着こなしましょう。
そしてボトムスにはカーゴパンツをあしらうことで、カジュアルでありながら、
落ち着きを感じさせるコーディネートになります。

 

またインナーの7分袖のカットソーを、ボトムスにはチェックのシルエットパンツを着こなしてみましょう。
これによって、メリハリのある大人のカジュアルさと落ち着きを共存させる仕上がりになります。

デニムシャツのおすすめできない着こなし方

デニムシャツはちょっとしておしゃれには欠かせないアイテムです。

 

例えば、ホワイトのカットソーなどのトップスとして、
一枚羽織るだけで、よりカジュアルさを演出できます。
このように手軽なおしゃれとして、デニムシャツはとても便利です。

 

ところが、デニムシャツを着るに当たっては、これはおすすめできないという着こなし方もあります。

 

例えば、デニムシャツの裾をズボンにインしてしまうということ。
これでは裾が傷んでしまいますし、何よりも、デニムシャツのカジュアルさが
まったく表に出ないため、せっかくのメリットを打ち消してしまいます。

 

また、良くありがちなのが、トップスにデニムシャツ、そしてボトムスにも
デニムパンツといったように、デニム同士であわせてしまうこと。

 

これは最近ではけしてNGな着こなし方ではないのですが、上下の色合いにも注意が必要となります。
また、ただ単にデニムであわせるだけでなく、シューズやアクセサリでアクセントをつける必要もあり、
非常にコーディネートが難しくなり、少しでも失敗すると、かなりおすすめできない着こなしになってしまいます。

デニムシャツの洗い方・たたみ方・保管の仕方など

デニムの衣類は何かと選択や保管方法に気を遣うものです。
良い物、お気に入りのものだからこそ、長く着ていたい…そう考えるのは当然でしょう。

 

例えばデニムシャツの場合、どの程度、洗濯をして
いいものなのか、どのようにして干せばいいのでしょうか。

 

まず、取扱いの絵表示をしっかり確認しましょう。
水洗いしてもいいものなのかをしっかりチェックします。

 

その上で、水洗いしても問題がない場合、デニムにおいては
色落ちや色移りの心配があるため、他の洗濯物と一緒に洗わず、あくまでも単独で洗うようにしましょう。
ある程度色落ちしている場合は、他の洗濯と混ぜても問題ありません。
ただ、ボタンを締めた状態でネットに入れて洗うようにします。

 

また脱水の際はシワができやすくなってしまうため、脱水時間は
出来るだけ短めにし、その後、すぐに取り出してシワを伸ばし、陰干しします。

 

そしておすすめな保管方法は、襟元は軽くアイロンがけして保管することです。
そうすればいつまでもキレイに、大切なデニムシャツを長持ちさせることが出来ます。

 

 トップへ戻る